メインイメージ画像

雇用の形のうち今の時代主流なのは派遣で働くことです

short-term1 雇用の形のうち、今の時代主流なのは派遣で働くことです。正規雇用の社員やパート、短期とまた違って働く方法です。派遣会社に使われて実際の仕事は派遣される会社で仕事することになるのです。実際の仕事のことは派遣先企業に指示をされ、お金は派遣元から受け取ります。仕事の迷いは派遣で働く企業へ、待遇の悩みは派遣先で相談して下さい。企業の社員と一緒に働くことになっていきます。派遣の人材とその企業の社員ではたとえ同じ仕事内容でも、条件面では違うものです。そのことをきちんと理解して働きましょう。

派遣社員の気がかりな福利厚生ですが正社員と比較するとどのようなかんじでしょうか。派遣の仕事は、時間給で月給が、出されます。ボーナスは、ほぼないものです。そして、駐車場代も、ほぼ時給に含むルールとなっています。ボーナスや、交通費が別として出ないということから、時給が多めに制定されているので、時間外勤務にも、15分単位ぐらいで、細かに支払いに応じます。また、福利厚生では、スタッフ登録した派遣会社での保険に入ることが大体ですので、派遣会社の給与がどのようなものか、メリットを見てから問い合わせする方がいいでしょう。

アルバイトと同じく、派遣にも日雇いの職があります。仕事の内容には、色々あるものです。例を出すと、業者の新商品や新サービスの、PR活動や、サンプリングや、交通量調査などその日のみで終わる仕事です。報酬は一日ごとでもらえるため、即お金が必須な人は、非常に役に立つ仕事なのです。日雇いの求人は、情報が出たら速埋まります。募集期間も短いですので、興味のある募集が出れば、即座に問い合わせするのが良いでしょう。

仕事を正社員で望む人は、派遣就業という仕事は考えにくいものですが、派遣スタッフでも将来正社員の可能性がある紹介予定派遣といった選択があるらしいのです。というのは、派遣先にいずれは直接に雇用してもらう事などを前提として、ある一定期間派遣で仕事するというスタイルです。トライアル期間があるため、真に業者が自分自身に最適か試してみることができますし、企業側も派遣スタッフのやる気や本人のやりたいことをチェックすることができ双方に、好都合です。

更新履歴

2013.11.5
»サイトをアップしました。
2013.11.21
»ページを追加しました。